オウルズコンサルティンググループと戦略的業務提携を行いました

news2021.04.16

2021年4月、特定非営利活動法人NEWVERY(所在地:東京都港区、理事長:小崎 文恵、以下「NEWVERY」)は、株式会社オウルズコンサルティンググループ(所在地:東京都港区、代表取締役CEO:羽生田 慶介、以下「オウルズコンサルティンググループ」)と戦略的業務提携を行いました。

※2022年5月10日にNEWVERYはLEGIKAへ名称変更いたしました。

オウルズコンサルティンググループは、サステナビリティ戦略支援を手がけるなど、社会課題解決への取り組みをビジネス面から推進する専門集団です。

NEWVERYとオウルズコンサルティンググループは、社会課題を解決しながら大きなビジネスを作り上げたいと考える企業向けの事業展開を、2社共同でサポートします。

NEWVERYでは、Graphium Studios(グラフィウム・スタジオ)において、マンガ等の表現をビジネスに導入する支援を行っています。その際に対象事業のコンセプトメイキングや具体的なカスタマーペルソナの設定等を行っており、このプロセスをオウルズコンサルティンググループと共同で、より戦略的に展開していきます。

第一弾の取り組みとして、株式会社スマートバリューが兵庫県神戸市で運営を予定している多目的アリーナ(以下、「神戸アリーナ」)のコンセプトづくりと、ビジネスモデルを検討するプロジェクトに参画し、ビジネスを通じて社会課題を解決していく検討過程をサポートしました。

神戸アリーナ(イメージ)

具体的な内容についてはこちらのプレスリリースをご参照ください。

NEWVERYが手がけるGraphium Studios 事業では以下のような事業領域を今後も展開していきます。

  • 企業のイメージング支援(マンガ、アニメ、イラスト等を使った表現制作)

  • 企業のブランディング支援・コンセプト策定支援(表現の手前となるブランド・コンセプト支援)

  • 企業の抱える社会課題の解決支援(ブランド策定の手前となる課題や方向付けの整理)