ワークショップ教材として学生間の議論に活用

教材
国立大学法人岡山大学
とまどいキャンパス ― STOP! 問題放置編 ―
教育プログラムとして留学生を考慮し日本語だけでなく英語版でも制作、ストーリー仕立てで身近に感じることで学生間での議論を喚起
目的
大学生向け授業用教材
掲載媒体
パンフレット
分量
モノクロ14ページ(表紙・裏表紙含む)、日本語版・英訳版同時制作

初年次教育とは、新入学生や入学前の高校生を対象とし、スムーズに学生生活をスタートできるようにする教育プログラムを指します。中退に至ってしまう学生の多くは、入学直後の段階で様々なつまずきを生じていることが判明しています。

岡山大学では、そのような段階をサポートする取り組みを既に進められていますが、マンガを授業内の教材の一つとして活用することで、学生の皆さんによる議論をより一層喚起することを狙い、今回の取り組みをスタートしました。

現在、大学においては日本語を母語としない留学生も一定の割合を占めています。本作品では、日本語版だけでなく英語版も制作することで、言語のハンデキャップがない状態で授業に臨めるようにしています。

大学生活では、自分で時間割を作ったり、クラス制ではないため友人をつくる環境が変わったり、期末試験の準備も自分で資料を集める…など、これまでの高校生活と環境が一変します。
そしてこの変化に対して戸惑いを感じる方も多く、誰にも相談できないまま留年、中退という選択をされる方も……。(マンガ内では「大1コンフュージョン」として詳しく説明をしています。)
誰しもが感じる戸惑いを、マンガと言う手法で身近に感じてもらい、学内のどんな人たちが力になってくれるのか、ストーリー仕立てで紹介しています。

国立大学法人岡山大学